真性包茎をクリニックに相談するとどんな治療になるの?

真性包茎をクリニックで相談すると

真性包茎の治療方法は幾つかありますが、もっとも確実なのは手術になります。
クリニックでも基本的に、相談した場合治療方法としては手術を提案されるケースが多いはずです。
なぜなら器具を使った矯正は効果に個人差が出やすいので確実とは言えません。
場合によっては無理に剥く形になって炎症を起こす可能性もありますし、色々やった上で手術が選択肢になる可能性もあるわけです。

また真性包茎の方は包皮の内側と、亀頭の一部が癒着している症例がしばしばあります。
これだと手術で丁寧に処置しないと、逆に痛みや炎症が発生するリスクが懸念材料です。
もともと真性包茎は皮をむくだけで痛みが生じる方が多いですから、悩みを解決するためには、信頼できるクリニックで治療を検討しべきでしょう。

なおクリニックで治療する場合、手術は幾つかの種類があります。
相談の上で自身にとって最適な方法を選んでいくのがおすすめです。
じっくりと話を聞いて、納得の上で契約を考えて下さい。

クリニックで相談した時の手術の種類

クリニックで手術を受ける場合、もっともリーズナブルなのがナイロン糸を使う方法です。
抜糸の必要がありますが、費用重視で選ぶならこちらででしょう。
他に吸収糸を使う方法もあります。
こちらは費用は若干高くなりますが抜糸不要です。

手術自体の方法としては、一般的な環状切開術がリーズナブルですが、デザイン性は高くありません。
綺麗な仕上がりを考えるなら、健康保険の適用範囲外になりますが、複合曲線作図法などの方法が選択肢です。
保険適用と適用外の手術では前者の方が安いですが、必ずしも費用はけた違いになるわけではありません。
色々な方法があり、価格も手ごろでデザイン性も優れたコスパの良いものもあるので、探してみるのがおすすめです。

後は真性包茎の場合は、他に附帯的な治療が必要になる場合があります。
真性包茎は上記の通り癒着を起こしている可能性の他、先に何らかの処置を行った方がいい症例がしばしばあるのです。
医師に相談して、きちんと説明を受けましょう。

まとめ

真性包茎は仮性包茎と違い、自力で治療するのが困難なケースが珍しくありません。
このためクリニックで相談して、安心・安全重視で確実な治療を行うのがおすすめです。
手術方法は色々ありますので、自身にとってコストやデザイン性など納得できるものを選びたいものです。
手軽に実施できるようになっているものの、即断即決は避けてしっかりとリサーチすると安心に繋がります。
真性包茎は放置すると将来的に弊害が危惧されますので、この機会に前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。